表紙 | ちょっちおねがい

トビラ
page2
page3
page4
page5
page6
page7
page8
page9
page10
page11

このWEB絵本を読んでくれた皆様へ

今回の絵本は、私が日頃思っていることを絵本にしてみました。
ペットと呼ばれる動物たち。日本では年間約10万頭以上の犬猫たちが 殺処分されています。(平成27年度)

飽きた、いらなくなった、大きくなった等、飼い主の身勝手な理由で、簡単に保健所・動物愛護センターへと持っていく人がいます。 ここへ持っていけば安楽死させてくれるからいいや、という感覚なのかもしれません。

でも、実際は安楽死ではなくもがき苦しむ窒息死です。
自分はセンターに任せ終わった気でいるかもしれませんが、命を棄てるという感覚は怖いものです。

今回は出てきていませんが、犬猫はもちろん、うさぎやハムスター、フェレットなどペットと呼ばれる動物たちはみんな生きている命です。
苦しいことも寂しいことも嬉しいことも知っている生き物たちです。

これを読んで、少しでも動物たちのことを考えてくれると嬉しいです。
つい、日々の生活で忘れがちになることもあるので、たまに改めて思い出して考えてあげてください。

このWEB絵本は、沢山の人に見てもらいたいと思っていますので、良いと思って頂けたら、ブログやサイト、ツイッター、Facebookなどで紹介してもらえたら嬉しいです!

この絵本は「minne」にて発売中です。 売り上げの30%を動物愛護活動をしている団体、又は個人に寄付します。寄付した際には、ホームページ、ブログにてお知らせいたします。

読んでくれた方、紹介してくれた方、考えてくれた方、皆様に感謝☆

日向あい



「ちょっちおねがい」へのリンクは下記URLにリンクをお願いします。
http://hyuga-ai.com/onegai/

バナーが必要な方ははこちらをお使い下さい。(直リンクは禁止です)


「ちょっちおねがい」の画像、文章の、無許可での無断転載・複製・配布は禁止させていただきます。
PDFでの配布を開始致しました。どうぞご活用ください。
http://moru11.blog63.fc2.com/blog-entry-905.html

HAREUSAGI(日向あい運営サイト)
http://hyuga-ai.com/


パブーにて電子書籍版を無料で販売しています。
こちらでも応援よろしくお願いします。
http://p.booklog.jp/book/68750


表紙に戻る